サングループ(サンブロードバンド・サンシード)

~令和2年7月豪雨 九州応援プロジェクト 第2弾 はぴい編~

令和2年7月豪雨による熊本県の被害に対する応援として、株式会社HOSHIKO Links(熊本市)の乾燥野菜を使った使った企業応援プロジェクトをおこないました。
野菜の旨味や栄養がぎゅっと詰まった素材を使って、フードスタイリスト マロンを中心とした食のプロ集団が、この美味しさを皆さんにお届けします。

九州熊本はここのところ災害が続いており胸を痛めています。
熊本八代には介護施設を運営する友人がいたり、お仕事をいただいて八代港の精麦会社に通った頃もあり、思い入れが強くあります。
熊本城の痛々しい姿を実際に見て胸を締め付けられる思いもしました。
全国で災害が多発しています。まずはその場所で起こっていることを知り、それを頭に入れて日々を暮らしたい。
その中から自然に「せっかくなら熊本産を選ぼう」という気持ちが生まれます。
そういうところから始まるのだと思います。乾燥野菜の凝縮された旨味を楽しむことができる簡単組み合わせレシピです。
スパイスごはんだけが僕のオリジナルです。
HOSHIKOさんの乾燥野菜、特にトマトが大好きです。わかっているつもりでしたが、改めて干し野菜の持つ旨味の凝縮感とお日様と土が暮れる強い力をこれでもか、と思い知ることができました。

カレーライター・フードジャーナリスト
はぴい

第3弾はぴい考案
『干し野菜を楽しむオムレツキーマプレート』

【調理方法】
1. くまもと産トマトたっぷりキーマカレー
・レトルトパウチのキーマカレーを裏面の説明通りに温めるだけ。

2. オムレツ
キーマカレーと合わせるのでベーコンは不使用、ベーコンから出る塩味も抑えられるのでキーマカレーと合わせて味の完成。
①ボウルにたっぷり入れた水に乾燥野菜をいれて戻す。
②卵2個を用意、ボウルにあけて溶き、牛乳大さじ2杯をいれる。
③水で戻した乾燥野菜を溶き卵に入れる。
④バター大さじ1杯をを落としたフライパンを加熱。
⑤溶き卵を流し込み、このみの火加減で焼き上げる。

3. スパイスごはん
お好みで白飯でももちろんOK。
カレーボトルホワイトはカレー粉でも代替え可能。その際塩が入っているかどうかを確認しましょう。
入っていれば下記レシピで使う塩胡椒を抜くなどしてバランスさせること。
①ごはん適量を用意。
②ボウルにあけたごはんにアナンのカレーボトルホワイトをうっすら色がつく程度の適量振りかける。
③塩胡椒で薄く味付け。
④色が均一になるようによく混ぜる。混ざりにくい時は霧吹きで吹く程度のごく少量の水を追加。

上記を皆さんのセンスで盛り付けてみてください!

 

【株式会社HOSHIKO Links】
HOSHIKOは熊本県産を新鮮なままカットして乾燥加工。ぶどう糖を加えずに、野菜本来の旨み、甘みをギュッと凝縮。常温保存ができるので、野菜をストックすることができ、いつでも、好きな時に野菜たっぷりの一品を。野菜不足解消の強い味方です。
HOSHIKO HP:http://hoshiko.co.jp/

 

【アナン邸】
スパイスごはんに使ったアナンの「カレーボトルホワイト」は僕のフェイバリットカレーパウダーです。
コリアンダー、フェンネル、ターメリック、ごま、オニオン、ガーリック、クミン、パプリカ、ガラムマサラ、バジルなどが入ったミックススパイスで塩が入っていないので調理にとても使いやすいです。
アナンは鎌倉極楽寺の風情ある古民家スパイスショップです。
僕のホームページのトップ画像の木の床はアナン邸の縁側で撮ったものなんですよ。
はぴいのサイト:https://hapi3.net/